国内最強パワースポット情報【ヒメオオカミ.com】

近くの最強パワースポットを検索【神社・お寺・聖地】情報

» 掲載について

国内最強パワースポット情報

近くの最強パワースポットを検索【神社・お寺・聖地】情報

✨【日月神示】日本に残る謎の予言書とは

関連ワード:

日本に残る謎の予言書「日月神示」とは、画家、岡本天明により執筆された予言書です。

何者かが憑依したかのように17年もの間執筆を続け「日月神示」を書き上げた。

日月神示

作者の岡本天明によると、当時、体が勝手に文章を書き始め、体を止めようとしたところ腕が痺れて止めることが出来なかった。
だが、体が勝手に動いているというのに、それはなぜか居心地がよく、神的な物を感じざるを得なかったそうです。

後になり、これは大地の神様、国常立尊(クニトコタチノミコト)が岡本天明に憑依して書かせていたとの事が判明。
当の本人も大本教の信者であり、大本教は奈良の天理にある国常立尊(クニトコタチノミコト)を信仰している宗教だ。

何よりもすごいのは、この日月神示は、日本が太平洋戦争で敗北する事や、東日本大震災で津波が来る事などが記載されており、今、ひそかに注目されている謎の予言書なのである。

「子の年の10年前、10年後は十分に気を付けろ」

と記されているが、これは子年の事を指しており、東京でオリンピックが開催される2020年の子年がちょうどそれに当たるのではないかと言われている。

また、この日月神示には、これから世界で起こることや、今後、日本人がどのように生きていけば良いかなど、今後のあり方ついても書かれているので是非チェックしておきたいところだ。

関連ワード: